中小企業診断士

ここでは、「中小企業診断士」 に関する記事を紹介しています。
2007/09:中小企業診断士勉強スタート(TAC通信)
2008/08:中小企業診断士一次試験合格
2008/11:公認会計士勉強スタート(TAC新宿校)
2009/12:中小企業診断士二次試験合格
2011/08:公認会計士試験合格

東京在住24才です。
A監査法人で日々奮闘中!
よろしくお願いいたします!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日1月6日をもちまして、
中小企業診断士試験に合格となりました。



長かったっす。

今日はビール一本お祝いで買いました(笑)


会計士のほうが・・・


・・・・・
・・・・・



やばい租税。。。。




まだまだ休めないっす。。。
スポンサーサイト
まだ口述試験おわってないんですけどね。。


とりあえずまあ大丈夫だろうということで。。



一次試験
→いやー働きながらはマジたいへんですね!!
 帰って11時。朝三時四時までやってたきがする。
 とくに財務!!
 浅い勉強しかしないからこそわけわかんなくなる!!
 余裕あるひとは簿記検定からまず始めることおすすめします!
 二次は財務は確実に点になるから、ここ鍛えておくのは一次より
 二次のために必須だとおもいます。
 どうせ実務でも財務の知識は必須だし。
 一次はやればなんとかなる。
 答練まわせばOK!!
 受かります!! 

二次試験
→いまだに謎。
 なにやりゃいいのってかんじ。
 実際自分は予備校の模範解答と結構違います。
 今回意識したのは、専門用語(キーエッセンス)をかなり
 ちりばめました。規模の経済、カニバライぜーションなど。
 また、結構思いきりかきました。
 こうしたらいいんじゃないかってことを。
 もちろん最低限の根拠は拾ってますけど。
 経営はやっぱ答えない学問なんで、論理的に説明できりゃー
 いいでしょって感じで。
 これが良かったかはわかんないすけど。 
 予備校は結構方針違うんで。
 でもとりあえず中途半端で悔いは残したくなかったんでのびのびやりました。
 財務はちなみにできませんでした。おそらく。
 会計士となんというか質みたいなもんが違うんで、正直できませんでした。
 会計士だと管理会計と経営が中小の範囲カバーしてるんですが、
 かなりできる友達に問題見せても意味わからんっていってました。
 実際自分も予備校の中小の授業だけじゃきついと思います。
  


たいした参考にはならない気がしますが、今短答おわって休憩中なんでいまのうちに
とおもいまして。




またすぐ勉強詰めっす。。
 
合格しました。


昨年からノー勉強で受かりました・・・
なんだこの試験は・・・。




というのは実は二次試験は会計士の勉強とかぶってる部分多いのでそのおかげです。
会計士ははんぱなく勉強やってますから。




会計士の短答もいよいよ明日試験です!!

おわってから喜びます。
二次は自信ないですが、中小企業診断士一次試験の勉強方法なら少しは情報提供できるので、情報アップしてみます。

よろしければ、参考にしてください。




まず、一次試験と二次試験は全く対策が違います。


一次は暗記すればいいだけです。
基本的に資格の学校を利用している方は、与えられた教科書、問題集を完璧に暗記してください。
私はTACを利用していましたが、教科書の内容はは全部憶えていました。
また、与えられた問題は間違えたところはチェックし、完璧にとけるまで繰り返しときました。
最終的には与えられた問題、教科書は全部頭に入ってました。
それで十分だとおもいます。
独学でやっている方は、スピード問題集、過去問がすらすら解けるようになればそれで十分だと思います。
時に難解な問題もありますが、基本的な問題が解ければ十分なので、深追いせず、基本的な論点を繰り返し行った方が有効ですし、それで十分です。

一次は暗記すればいいだけです。
努力が報われる試験です。
やるか、やらないかです。





二次はがむしゃらな暗記で対応できません。
だから難しいです。
私がむしろ教えてほしいです。
費やした勉強時間は関係ないと思います。

多くの問題を解けば、ある程度設問で何を問われているか特定の問題では予想化できると思います。
それは暗記で対応できます。
しかし、実際の試験で出る問題は過去にない問題が出ます。
多くは予想化したところ範囲外の要求がされます。
暗記じゃ対応できません。

解答の中身を憶えても意味ありません。
もっと解答内容以前のプロセスにフォーカスして多様な問題に対応できるようにしなくてはいけません。
自分の解答に至るまでのプロセス(判断・解答基準)を確立することが重要です。
試験会場でじっくり考えてては時間が足りません。




それは教科書的なもので示されていません。
自分で納得する独自のプロセスを確立しなければいけません。



非常に抽象的です。
だから難しい。
そういった意味で難しい。


六法全書憶えろというのは、
時間はめちゃめちゃかかるとおもいます。
でもある意味、難しくはないと思う。
憶えればいい。
勉強方法が明確。

でも中小二次は勉強方法がどこの資格の専門校、本でもいまだに抽象的。


一番答えが明確な財務完璧にするのが一番近道かもしれない・・・。

二次試験が終了しました。


事例1・・・手ごたえまったくなし!!
      何書いたか覚えてません。
      帰ろうかと本気で思いました。

事例2・・・カンペキ!!
      なんとかなるんじゃ・・・。

事例3・・・根拠を切り分けれなかった。 
      あまりいい出来じゃない気が・・。
      事例4でなんとかするしかない!!

事例4・・・来年頑張ろう!!





ってこんな感じです!!





事例4が取れてたらギリいけるかもって感じでしたが、
おそらく半分も言ってません。
40もあやういかも。
事例4の解き方というか、設問をまったく読み解けませんでした。
設問者はなにを求めたいのかがわからず、最後まで悩みました。


しかし、クヨクヨしてる暇はなく、11月から公認会計士講座が始まります。
中小の二次対策も並行すべきか・・・。
地獄の日々になりそうです。     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。