FC2ブログ

二次試験の学習の成長段階説はこれだ!!

ここでは、「二次試験の学習の成長段階説はこれだ!!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに・・・



ついに中小企業診断士二次試験の成長段階説を発見した!!
 ↑
(完全な自己満足)



では、どうぞ!




***********************************************************



成長段階0
世界のナベアツの3の数と3の倍数状態。
なんもわからんけれども、二次の問題はスイスイ解けてしまう。
そんなに難しいとは思わない。
が、採点して青ざめる
こんなんムリやんという。
てか、こんな書き方できんわーと思う。
(そりゃあんたマス目埋めてるだけやん)



成長段階1
過去問みてかっこいい言い回し、知識、セオリーを身につける。
自信満々で問題をとく。
が、採点して青ざめる。
え、マジ?なんで?自信あったのに、と思う。
(与件ほぼ無視やん)



成長段階2
与件に忠実になる。
自信満々で問題をとく。
が、採点して青ざめる。
そう、採点基準をボロボロ書き落としているからだ。
(忠実すぎてただの抜き出しやん)



成長段階3
因果を意識する。
設問間のつながりを意識する。
自信満々で問題をとく。
が、採点するまでもないほどの時間切れっぷりをかます。
(メモとりすぎやん)



成長段階4
時間配分を意識する。
自信満々で問題をとく。
試験時間終了三十分前には解き終わる。
採点して青ざめる。
(そりゃあんた早すぎやん)



成長段階5
設問ごとに複数の解答の可能性をモレなく探した上でその中から選択するようになる。
チワワのようにビクビクしながら問題をとく。
回答の方向性が眼前に浮かぶ。
そう、問題作成者が何を解答してほしいかがわかる。
パズルのようだ!
採点する。
まあまあと、チョイ自信を持つ。
(やっとやんな)



成長段階6
字数・設問の問われ方・内容で解答構成を判断し、配点・キーワードを意識する。
問題をとく。
予想通りの点がでるようになる。
安定する。
(ほー)



成長段階7
速水もこみちになれる。
(・・・。)


************************************************************************




と、こんな感じだとおもいます。



あると思います。
 ↑
(ない)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mylifeisjps.blog33.fc2.com/tb.php/40-aebfd57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。